何となく主婦

北国で、のほほ~んと暮らす主婦の日々
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
奈良・和歌山 世界遺産巡り (4泊5日) 2日目
今日の天気 ~ 札幌 7-13℃ 、奈良 5-20℃ 、和歌山 9-20℃

本日のルート
奈良観光 (興福寺・東大寺・正倉院・春日大社・元興寺) 、昼食 → 高野山(奥の院)観光、宿泊


コンビニで買ったパンで朝食を済ませ、7:20頃ホテルを出発。
天気も良く、さわやかな朝です。

7:24 ビジネスホテルとはお別れ 7:25 近鉄奈良駅 ホテルはこのすぐ近く


ホテルから歩いて5分程で奈良公園です。
奈良公園に着く前に既に鹿が・・・。

  ならこうえん
奈良公園

           こうふくじ
世界遺産 興福寺 HP 奈良県奈良市登大路町48 (7:29-7:55)

資料より ~ 669年に藤原鎌足が重い病気を患った際に夫人が回復を祈願して造営した山階寺が前身で、飛鳥を経て710年の平城遷都に伴い、藤原不比等によって現在地に移転され興福寺と名付けられた。創建以来たびたび火災に見まわれたが、その都度再建を繰り返してきた。

7:32 県庁側の入口にある世界遺産の石碑です。だんだん鹿が多くなってきました。
こちらも最近、皇潤のCMで見ますねぇ。

天気の良い朝のこの雰囲気は何とも良いです。
まだ、人もまばらでのんびり廻れました。

朝は、境内はとても丁寧な掃除をしている姿を良く見かけます。

7:34 東金堂と五重塔 五重塔は高さ50mで、古塔では、京都・東寺に次いで高い。 7:38 南円堂 手前に咲く、藤の花がきれいです。

7:47 北円堂  公開されていません。 7:44 三重塔  高さ19m

7:47 中金堂は再建工事中 7:53 国宝館


次は、奈良公園を歩きながら、東大寺に向かいます。

8:00 一之鳥居 8:00 木陰は気持ちよく散歩できます。

8:04 鹿に関しての注意書き 8:13 東大寺近くで。鹿だらけ。


興福寺から20分程歩いて東大寺に到着です。

           とうだいじ
世界遺産 東大寺 HP 奈良県奈良市雑司町406-1
  拝観料 500円×2名 (8:14-9:35)

資料より ~ 733年、若草山麓に創建された金鐘寺が東大寺の起源。大仏殿は世界最大級の木造建築物で、聖武天皇が国の平和を願って造立した大仏を安置する。平安末期・戦国時代に兵火で消失した大仏殿は、1709年に再建された3代目。

8:14 南大門前にある、世界遺産の石碑 8:15 南大門(東大寺の正門)  左右に仁王像が安置されている。 

8:16 左側の仁王像 高さは8m位 8:16 右側の仁王像

8:19 中門 8:25 大仏殿 間口57m、奥行50m、高さ48m

8:31 大仏 ~ 高さ15m。 あまねく世界の人々に慈恵の光を照らすという仏。 8:33 大仏の左右にも大きな仏像があります。

8:35 大仏の後ろ 8:38 大仏の鼻の穴と同じ大きさになっているこの穴をくぐると無病息災のご利益があると言われている。


          しょうそういん 「しょうそう」
世界遺産 正倉院「正倉」 HP 奈良県奈良市雑司町
   ※ 東大寺の一部として、世界遺産に登録されている。 (8:50-9:00)

資料より ~ 正倉とは本来、律令時代の官庁や大寺の需要物品を保管する倉庫のこと。現在は宮内庁が管理していて、収蔵されてきた正倉院宝物は、昭和に建てられた新宝庫に移されている。

公開日に関する看板を見逃し、通り過ぎてまた戻り・・10分程経ってしまいました^^;
結局、公開日ではなかったので、横の塀のところから写真だけ撮ってみました。

8:57 正倉院 ~ 祝日なので公開していませんでした。 8:59 塀の合間から撮った正倉院。高床式、校倉造で、40本の柱に支えられている。


次に、東大寺境内東方の建築物

9:08 正倉院から二月堂に向かっているところです 9:16 二月堂

9:12 二月堂からの眺め 9:17  三月堂(法華堂)

9:20 鐘楼 ~ 大きいです!! 9:31 手向山八幡宮



東大寺を後にし、若草山の前を通り春日大社に向かいます。

9:39 水谷茶屋 ~ 春日大社に向かう途中にありました。 9:41 もう少しで春日大社です。


東大寺の東方にある手向山八幡宮から、8分程歩いて春日大社に到着です。


           かすがたいしゃ
世界遺産 春日大社 HP  奈良県奈良市春日野町160 (9:43-9:51)

資料より ~ 春日山(御蓋山)の西麓の森に、朱塗りの社殿が立ち並ぶ。奈良時代の768年に現在地に神殿が創設されたのが始りで、藤原氏の氏神として有名。

時間の都合で参拝だけして、次の目的地に向かいました。

9:48 参拝所で参拝だけして、あとにしました。 9:51 二之鳥居近くの 伏鹿手水所(ふせしかのてみずしょ)


           かすがやまげんしりん
世界遺産 春日山原始林   奈良県奈良市

資料より ~ 春日大社後方の御蓋山(標高297m)からその東にある花山(標高498m)周辺一帯を指す。

山を見ながら歩いていたのに・・・、写真撮るの忘れました(-_-;)



奈良公園を出て、このエリア最後の世界遺産、ならまちの元興寺に向かいます。


           がんごうじ
世界遺産 元興寺 HP  奈良県奈良市中院町11

資料より ~ 日本初の本格寺院・法興寺が前身。平城遷都にともない718年に現在地に移された。本堂の茶色っぽい瓦は飛鳥時代のもので日本最古の瓦。

歩いている途中から、ガイドブックの地図ではなく、道路の案内がさす方に歩いて行ったら、元興寺に着きました。
でも、何かガイドブックで見た写真と違う景色。
あら・・・元興寺に塔跡というところもあったのね。そちらでした(^^ゞ
それから少し歩いて、行こうとしていた中院町の「元興寺(極楽坊)」に向かいました。

元興寺塔跡 奈良県奈良市芝新屋町12  (10:25-10:30)

10:26 元興寺塔跡の門 10:27 瓦にも元興寺の名前がありました

10:27 ツツジとシャクヤクがとてもキレイに咲いています。 10::28 元興寺塔跡内で。


元興寺(極楽坊) 奈良県奈良市中院町11
 拝観料 400円×2名   (10:35-10:55)

10:38 北門側から入りましたが、拝観受付は東門に行かなくてはなりません。 10:40 本堂は、鎌倉時代の建築。日本最古の瓦です。


奈良の観光はこれで終了。

早めの昼食だけとって、和歌山県・高野山に移動します。


もちいどのセンターがい        しもみかどしょうてんがい
餅飯殿センター街下御門商店街


もちいどのセンター街入口のところにあるうどん屋で巾着うどんを食べようと11時開店のお店に11:05頃に着くと既に行列。
店の前の通路を挟んで反対側にも並ぶ人が・・・50人位いるでしょうか。
並ぶ時間はないので、勇気ある撤退を選びました。
このお店はケンミンショーで見たことがあり、食べてみたかったんですが・・^^;


11:03 もちいどのセンター街 ~ 上を見ると、せんとくん、まんとくんの旗、そして鯉のぼりが飾られています。 11:05 反対側の通路にも行列が・・・。巾着うどんは諦めました。


  なかたにどう
中谷堂 HP 奈良県奈良市橋本町29
    よもぎ餅 130円×2個 購入

三条通りに面した、もちいどのセンター街の入り口にあります。
諦めたうどん屋さんの隣りです。
まずは、昼食の前におやつを食べることにしました(*^_^*)
こちらのお店はテレビでも見たことがあり、“高速餅つき”で有名なお店です。
行った時は餅つきはしていませんでしたが、出来立てのよもぎ餅を買いました。
餡はあまさ控えめで、餅は程よいトロッ感があり、ウマウマです。満足満足。

11:07 よもぎ餅は、持ち帰りの他、その場でこのまま渡してくれます。うまーい!! 11:07 中谷堂はとても賑わっています。


さて、お昼はどうしようと、もちいどのセンター街・しもみかど商店街を歩いて、昨晩に続いてお野菜のお店にしました。でも、お店は11時半からで、時間前だったので少しだけ商店街を歩いて、時間にあわせて行きました。

                     まめまめさいさい
昼食 とうへんぼく&豆豆菜菜 奈良県奈良市下御門町28-1
     参考 こちら      (11:30-12:05)
 夫 ~ ワンプレートランチC 1400円
       (惣菜6品+十穀ごはん+みそ汁+漬物+デザート2品)
 私 ~ 日替わりランチ 1200円

肉魚卵はどちらかというと苦手な私には、好みの食事となりました。
おいしく頂きました。ごちそうさまでした。

11:28 左の入口が豆豆菜菜 11:33 ランチメニューから注文しました。

11:47 夫のワンプレートランチC 1400円 11:45 私の日替わりランチ 1200円

11:59 夫のランチのデザート ~ 豆乳のデザートですね。 11:58 お茶は急須ごと持ってきてくれました。(勿論お茶葉は入ってないです)


昼食を済ませ、17分程歩いてJR奈良駅に到着です。
駅まで来る道は、多くの人が・・・遷都1300年祭の奈良のGWは賑わっています。

まだまだ、リュックを背負っての旅は続くので、お土産はお預け。
関空で買って帰るので、奈良のお土産は、↓せんとくんの写真です(*^_^*)
駅にせんとくんが登場すると、みんな集まってきて一緒に写真を撮る人が多くいました。
大人気ですね。

12:20 JR奈良駅は工事中ね。 12:29 せんとくんが来ましたと、放送が流れたので、行くとせんとくんがいました\(^o^)/


さあ、出発!! 3時間程かけて、高野山の奥の院まで行きます。

12:38 JR奈良駅発 快速(13:14着) → 13:26 新今宮駅発 南海電鉄 急行(14:14着) → 14:20 橋本駅発 南海電鉄 各停(15:07着) → 15:11 極楽橋駅発 南海電鉄 ケーブル(15:16着) → 15:21 高野山駅発 南海りんかんバス (15:42着) → 15:42 高野山・奥の院 到着

12:32 JR奈良駅のホームにて。12:38発のこの列車で新今宮まで行きます。 13:26 新今宮で、JRから南海電鉄に乗り換えです。13:26発のこの列車で和歌山県の橋本に行きます。 14:16 橋本駅にて。 南海電鉄のこの列車で極楽橋駅まで行きます。

15:10 極楽橋駅で15:11発のこのケーブルカーに乗り換えです。 15:19 高野山駅\(^o^)/ 15:16に到着しました。 15:20 15:21発の南海りんかんバスで高野山の奥の院まで行きます。



  こうやさん
高野山

           こうやさん
世界遺産 高野山  HP  和歌山県伊都郡高野町
   wikipediaはこちら  高野山観光協会・宿坊組合はこちら

資料より ~ 弘法大師・空海が今から約1200年前、816年に開山した真言密教の聖地。真言宗の総本山である金剛峰寺と、二大聖地とされる壇上伽藍、織田信長や豊臣家・徳川家をはじめ歴史上の人物の墓碑などが建ち並ぶ奥の院などは見どころ。

世界遺産地区 奥の院 和歌山県伊都郡高野町高野山550 (15:43-16:50)

資料より ~ 弘法大師は62歳で奥之院の弘法大師御廟に入定。樹齢千年をこえる老杉が立ち並ぶ参道両脇は、約20万基といわれる墓石で埋まり、歴史上有名な人々の墓も数多い。
また、四国八十八箇所の全てを廻り結願成就した後に、高野山奥の院にお礼参りをして満願成就となる。


時間帯もあるでしょうが、高野山駅からバスに乗ったのはわずか数人。
終点の奥の院入口まで乗ったのは私達だけでした。GWなのに・・・。
でも、ガラガラのバスの割りには奥の院に着くと、バイク、車も多くびっくりでした。

奥の院の参道には墓石・供養塔がとても多いです。
そして、御廟までの距離も結構あります。
行きは奥の院前のバス停から御廟まで歩き、戻りは一の橋まで歩きましたが、御廟から一の橋までは約2kmあるそうです。
奥の院の方は撮影禁止でしたが、参道には有名企業の供養塔などがあり、写真撮っちゃいました(^^ゞ

15:44 奥の院前の駐車場のところにあった看板。高野山は、四国八十八ケ所巡りを終えたらお礼参りに来るところ。 15:45 奥の院への入口 (バス停奥の院前のすぐ横です)

15:48 福助の供養塔 15:50 与謝野晶子歌碑 15:51 シャープ供養塔

15:53 UCC供養塔 15:54 キリン供養塔 15:55 杉木立の中の参道

16:02 なんだったかしら・・・^^; 16:03 この先が奥の院御廟ですが、ここから、撮影禁止と出ています。 16:48 一の橋近くに来たら、司馬遼太郎文学碑がありました。


奥の院をあとにし、一の橋から10分程歩いて、本日のお宿のお寺に向かいました。
折角、高野山に来たのに、宿坊を体験しないのは勿体無いですから。

ちなみに、高野山には117の寺院があり、その内の52ヶ所が宿坊になっているそうです。


   しゅくぼう  だいえんいん
 宿坊 大円院 (大圓院) HP  和歌山県伊都郡高野町高野山594
    ご予約は楽天でこちら  1泊2食付 9500円×2名 +瓶ビール1本630円
    ご予約はじゃらんでもどうぞ!! (フォトギャラリーはおすすめ)
icon

お寺に泊まるのは、子供の頃おじいちゃんが亡くなった時のお通夜以来かしら。
でも、その時の広間に泊まったイメージと宿坊は全然違います。

勿論、個室。
掃除はきれいにされているし、お坊さんは当然でしょうが礼儀正しく、テキパキと動かれて居心地は良かった(*^_^*)
部屋にバストイレが無くても何ら問題ありません。
共同の洗面所・トイレ・大浴場はどこもきれいで、その辺のホテルより全然良いです。
食事が精進料理というのも私にとってはこの上なくありがたい(^^ゞ

実際泊まらせて頂いて、また機会があれば利用させて頂きたいとも思いました。

17:00 大円院、到着

17:12 こんなお部屋です。(8帖間) 17:26 床の間

17:30 お部屋のお菓子は、大円院さんの名入り 17:13 洗面所と、右にお手洗いがあります。 17:13 部屋前の廊下


夕食は、宿泊者が多いということで18:00から大広間で頂きました。
普段はお部屋食だそうです。
お料理は、精進料理で肉・魚はありません。
高野山だけあり、高野豆腐も勿論ありました。
お酒はOKということで、チェックインの時に先にビールを1本お願いしておきました。
おいしく頂きました。ごちそうさまでした。

18:04 夕食のお膳 その1 18:04 夕食のお膳 その2

食事の時に記念品としてしゃもじ、後で、一筆箋(メモ帳にもok)も頂きましたm(__)m夕食の時、しゃもじを頂きました。
(食事の時、なぜしゃもじか説明されていたようですが、近くで子供が騒いだり、おばあちゃんがしゃべっていたりで聞き取れなかった^^;)
一筆箋も頂いて、至れり尽くせりです。

食後、お風呂に入って、あとは部屋でのんびりしていました。
本日も歩数は3万歩を超えてました
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。