何となく主婦

北国で、のほほ~んと暮らす主婦の日々
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
秋田旅行 (2泊3日) 2日目
今日の天気 -- 札幌 3℃~15℃ 、 秋田 5℃~18℃

今日は、栗駒、湯沢、横手を回り、田沢湖高原の宿に向かいます。
もっといっぱい回りたいところもあったのですが、これで一杯一杯。

朝は、温泉に入りたかったので、5:30に起きて、夫と交代で温泉に入りに行きました。
なるべく早く出発したかった為、朝食も7時からの時間に合わせてすぐ食べに行きました。
朝食はバイキングでお料理も色々あり、よかったです。
ついつい、食べすぎてしまいました(^^ゞ

ドーミーイン秋田の朝食です。(7:00-7:25)
7:06 夫の朝食 7:07 私の朝食 今日はパンの気分。でもこの他に、漬物とみそ汁も頂きました。コーヒーがイマイチで、残してしまいました。


7:40にチェックアウト、出発です。外に出ると小雨。そのあとも降ったりやんだりでした。

7:45 ドーミーイン秋田~これから出発です。 8:44 十文字IC 秋田南ICから1000円 

まずは栗駒山荘へ。10:15の到着を予定してます。
秋田南ICから、十文字ICは高速。ここはETCの割引で1000円(通常1800円)でした。

国道342号線を通って栗駒山荘に向かう途中の景色です。(東成瀬村辺り)
9:33 東成瀬村辺りから見た紅葉 9:34 東成瀬村辺りから見た紅葉


須川温泉 栗駒山荘  HP   (10:10-10:40)
  秋田県雄勝郡東成瀬村椿川字仁郷山国有林(栗駒国定公園内)
    日帰り入浴  600円/人10:40 栗駒山荘 雨が降り出しました

曇っていましたが、眺めはよかったです。
もちろん、お湯もとてもよかった。

風呂から出たら、外は雨。
このあとから少し雨が強くなりました。


小安峡 (おやすきょう)  秋田県湯沢市皆瀬字新処 (11:25-11:50)

下に降りる階段があり、下からの眺めもすごくいいです。
でも・・・その階段が長くて、大変で夫は次の日足が痛くなりました。
本人は若いから、次の日に足が痛いんだとか!?
私は大丈夫だったのに。

11:29 小安峡 不動滝 11:36 小安峡

11:37 小安峡 大噴湯、川原湯橋 11:38 小安峡 大噴湯


泥湯温泉  HP  秋田県湯沢市高松字泥湯湯沢25  紹介 HP

 ここは、通った時に写真だけ撮ってみました。
 秘湯でもあり、時間があれば入りたいところなんですが。

12:09 泥湯温泉にて 12:09 泥湯温泉にて~ 露天風呂出入り口

12:10 泥湯温泉 奥山旅館 12:12 泥湯温泉郷


川原毛地獄 (かわらげじごく)   秋田県湯沢市高松川原毛
   紹介 HP   (12:15-12:35)

日本三大霊地の1つです。ガスが出るので立ち止まらないようにと看板が出てます。
ちょっと恐いけど、無事に帰られました(^^ゞ

12:22 川原毛地獄 入り口 12:23 川原毛地獄 ほんと、地獄っぽい

12:24 川原毛地獄 立ち止まってはいけないのです 12:26 川原毛地獄


昼食
七代佐藤養助商店 総本店 HP
   秋田県湯沢市稲庭町字稲庭80   (13:15-14:20)

こちらは10月10日にオープンしたばかりだそうです。
札幌にも佐藤養助の店はあり、いつか行ってみようと思いながらまだ行ってません。
まずは、本店で食べてみることにしました。
店舗に行ってびっくり、まずは駐車場がいっぱいです。
店の中には待っている人がいっぱいで、店の方に聞くと30分程待つとのこと。
せっかく来たので待つこととしましたが、実際は40分程待つこととなりました。
(名前を書いて、番号が書いた紙をもらい呼ばれるのを待ちます)
総本店は見学用の工場や売店もあるし、お茶のサービスもあるので少しは時間をつぶすことが出来ました。

夫は、比内地鶏の炊き込みご飯とのセットを注文したものの、注文後炊き込みご飯が無くなったということで、セットではなく単品で、「稲庭うどん(温) なめこ 980円」。
私は、「稲庭うどん(温) かけ 750円」 にしました。
(一時間後に焼きそばを食べる予定なので、ここではやや控えめです)

めちゃめちゃ好み。おいしかったです。
麺がおいしいのは勿論のこと、つゆがダシもきいてるし、色は薄いけどしっかりといい味でてます。
待った甲斐がありました。

13:17 七代佐藤養助総本店 13:47 総本店内の工場(ガラス越しに見学できます)

14:09 稲庭うどん(温) なめこ 980円 14:09 稲庭うどん(温) かけ 750円


おやつ
元祖神谷焼きそば店   ぐるなび HP  横手やきそば HP
  秋田県横手市大屋新町中野117-67  (14:54-15:10)

14:54 元祖神谷焼きそば店話しのタネに三大焼きそばの一つ、横手やきそばを食べに寄りました。
横手やきそばは、やや太めのストレートな麺で、具の肉はひき肉、目玉焼きと福神漬けがのっているのが特徴のようです。
食べ物は好みがあるから・・・・、まずは話しのタネにはなりました。

14:56 壁に貼られた メニュー 14:57 店内

15:01 夫 肉玉子やきそば 並 550円  アレ?ビニールがある!? 15:01 私 肉やきそば 並 500円

日曜が休みだったり、15時頃は営業していない店もある中、ここは日曜の15時でも営業しているありがたいお店です。だからでしょうか、行った時はお客さまは2組程でしたが、私達のあとから、次から次とお客さまが来てました。
お店は、ご年配のご夫婦でされているようです。それにしても、休憩時間もなく営業してるなんて、お年を考えると大変だなぁと思ってしまいました。

かまくら館   横手観光協会 HP 秋田県横手市中央町8番12号
     入館料 100円/人 (4館共通券です)   (15:15-15:35)

本当は横手には冬に来たいですね。かまくらの季節に。
そんなんで、気分だけでも味わおうとこちらのかまくら館に来てみました。
年中、かまくらが体験できます。

15:18 ここ、ふれあいセンターの1F奥にかまくら館があります 15:26 かまくら室にある かまくら です

15:26 かまくらの中は、二帖分のゴザが敷かれてます 15:30 出入り口のところに梵天なるものが飾られています


横手城・横手市展望台 横手市 HP 秋田県横手市城山町29-1
   入館料 100円/人 (4館共通券です)   (15:38-15:55)

かわいいお城です。内部は資料館になっていて、最上階には扉がありそこから出て360度見ることが出来ます。

15:40 横手城 15:45 展望台からの眺め(横手市役所方面です)

これで、今日の観光は終了です。
今日の宿泊地、田沢湖高原に向かいます。到着は18:00頃を予定してます。
でも、少しでも早く着きたい・・・がんばって運転しました。
ということで、ホテルには17:10に到着しました(^_-)-☆
(ちなみに到着時間は前もって調べたネットのルートナビを元にしてます)

今日のお宿
田沢プラトーホテル   HP   (17:10-翌8:00)
  秋田県仙北市田沢湖生保内字駒ヶ岳2-36

17:21 部屋です。休日・2人ということで1名13230円です。一週間前に予約の取れる宿から、価格も他の温泉宿より安めで、温泉もよさそうで、囲炉裏での食事もなかなかおいしそうなこちらのホテルを選びました。
ネットでの評判も悪くないしね。
開業から35年程ですので建物としてはそれなりで、部屋には風呂・トイレもありません。
でもそれくらいのことは大したことでもない。
期待通り、温泉と食事は満足できました。
ただ、寝苦しかったのがガンかな。枕は固くて高いし、寝ている間も部屋が暑くて乾燥してるし。(これはちょっと辛かった。枕元に濡れたタオル掛けてたんだけど・・・) その上、部屋はかまどでご飯を炊く場所の真横なので朝から朝食の支度の音が結構響く。

19時からの囲炉裏での夕食 (19:00-20:30)
19:00 ごはんと漬物はセルフサービスです。ここが私達の部屋の横です。 19:03 囲炉裏での夕食です。このキリタンポがうまい!!

19:04 まずはビールから。630円×2 19:23 焼き物は、係りの方が焼いてくれます。私はサンマが苦手なので残ったまま・・・。

19:37 夫は、地ビール(湖畔の杜のぶなの森・小瓶)740円。私は生酒(秀吉)300ml 740円。セルフの漬物、持ってきました。 19:40 お腹がいっぱいで、残してしまいました。

囲炉裏で焼き物を担当してくださった方と少し、お話ししました。
私「テレビで見たんですけど、秋田では、ごはんのおかずにごはんの漬物を食べるんですよね?」
係りの方「いえ、私は聞いたことがないです」と。秋田の中でも地域性があるのね。
まあ、秘密のケンミンSHOWは誇張が多いとは思うけど。

夕食のきりたんぽ鍋はやや味は濃いですが、中のきりたんぽが今まで食べた中では一番おいしい。
私「このきりたんぽおいしいんですけど、こちらで作られているんですか?」
係りの方「はいそうなんです。私も他のはどうも・・、家でする時もここのを分けてもらって、売ってもらうんです。」そうだよね。ここのおいしいもん。

食事は、残ったものは部屋で食べるのに皿にのせて持って行ってくださいということでしたが、それはギブアップ・・・・。果物のぶどうだけ、頂いて部屋に戻りました。

囲炉裏の食事はのんびりとくつろいで頂くことが出来ました。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。